阿川大樹公式サイト
HOME Profile Bibliography Gallery Diary

今年はたくさん本を読む年にしたい。

asadaagawa.jpg

News


月刊「ジェイノベル」8月号(実業之日本社)に、阿川大樹の短編「赤い絵の具」が掲載されています。(2016/7/15)

「黄金町レビュー」 3月11日から21日まで。(14日は休場) 入場無料。

  阿川も ビデオ・インスタレーション で参加しました。

■旧劇場にインタビューが掲載されました。

■「帰ってきたパフィー通り展」2016/ 1/16-1/31
詳しくは こちら を。

■最新短編「緊急停止」が月刊ジェイノベル1月号に掲載。(2015/12/15)

■劇版『横浜黄金町パフィー通り』公演@BankART NYK 終了しました。2015/10/9-12

■短編「閉じない鋏」が月刊ジェイノベル8月号に掲載されます。(2015/7/15)

■阿川大樹が「人物風土記」タウンニュース・横浜中区・西区版に登場。(2015/6/4)

■『横浜黄金町パフィー通り』(徳間書店)が舞台化されます。

   Yahoo!ニュース(2015/5/27)

   タウンニュース(2015/6/4)

   産経新聞・神奈川版(2015/6/5)

   読売新聞・神奈川版 (2015/06/17)

■日刊コラム、連載中。
  宮崎日日新聞、北國新聞、秋田魁新聞、佐賀新聞、高知新聞、徳島新聞。

  房州日日新聞、上毛新聞、紀南新聞

■神奈川新聞・横浜「かながわの人」欄に阿川大樹登場。(2014/12/27)

■短編掲載

 月刊”ジェイ・ノベル”(実業之日本社)1月号に短編「ブレークポイント」(50枚) 掲載。(2014/12/15)

■黄金町芸術学校2013[小説コース]「エッセイで黄金町を語る─ワークショップ」の作品集が、.pdf .mobi .epub の各フーマットで公開されています。

ダウンロードはこちらから。

朝日新聞神奈川版に『横浜黄金町パフィー通り』が紹介されました。(2014/11/6)

■黄金町芸術学校小説家コース「職業小説家になるために知っておくべきこと」
 定員に達しました。

■黄金町バザール2014 阿川大樹写真展「黄金町 光、光、ときどき影」終了しました。 (2014/11/3)

■黄金町ナイト☆シアター 最終夜・黄金町の夜 終了しました。(2014/10/25)

■読売新聞神奈川版にインタビューが掲載されました。(2014/9/4)

■有隣堂の情報誌「有鄰」(534号)の「人と作品」に

  阿川大樹と『横浜黄金町パフィー通り』 が掲載されました。(2014/9/2)

■神奈川新聞「かながわの本」に『横浜黄金町パフィー通り』の書評が掲載されました。(2014/8/31)

トークイベント「ちょんの間から大岡川を見つづけて 2007-2014」
  Bar The Outsiders 店主・佐藤シンジ & 小説家・阿川大樹
 日時 2014年8月30日(土) 午後4時から5時30分 場所 高架下スタジオ Ssite-D  入場無料

■阿川大樹は「仮想のコミュニティアジア 黄金町バザール2014」にアーティストとして参加します。 (2014/8/1-11/3)

ヨコハマ経済新聞に紹介記事が掲載されました。(2014/7/17)
「黄金町の再生描く小説『横浜黄金町パフィー通り』-作家・阿川大樹さん」

■ジェイノベル(実業之日本社)8月号に短編「夜食」が掲載されました。(2014/7/15)
■有隣堂伊勢佐木町本店で『横浜黄金町パフィー通り』が2週連続で第4位にランクインしました。

■産経新聞神奈川版にインタビュー記事が載りました。(2014/7/5)
「変貌見て使命感…黄金町の今を小説化 作家・阿川大樹さん 神奈川」


『横浜黄金町パフィー通り』のプレスリリース(pdf)は こちら です

Paffy Street-cover01.jpg51A7opawAdL__SL500_AA300_.jpg


 『横浜黄金町パフィー通り』(徳間書店)発売。(2014/6/18)
 『あなたの声に応えたい』(『インバウンド』改題)(小学館文庫)発売 (2014/06/06)

■4月5日ー6日 のきさきアートフェア(大岡川桜まつり連携企画)に出店しました。

■短編掲載
 月刊”ジェイ・ノベル”(実業之日本社)2月号に短編「化粧ポーチ」(50枚) 掲載。(2014/1/15)

■電子書籍『ショウルームの女』(徳間書店)が Kindle Store でも販売開始されました。(2013/10/11)
   単行本未収録の短編サスペンス(50枚)です。

「黄金町芸術学校2013・後期」(小説コース「作家の手の内・大公開」)

最新刊 『インバウンド』(小学館)

 プロモーションビデオを youtube でご覧ください。

■ラジオ出演
 FM沖縄 (那覇局 87.3MHz 今帰仁中継局 83.7MHz)
 「ハッピー・アイランド」 第2部 2012/7/17 午後1時~  阿川大樹が生出演しました。

■新刊発売先行イベント 写真展「基地と音楽の町・コザ」 2012/7/8

■月刊誌「問題小説」12月号(徳間書店)に短編「自販機少女」掲載(2011/11/22)

■小学館 StoryBox  「インバウンド」 連載 23号から32号まで

■「ダ・ヴィンチ」2011年10月号に阿川大樹のインタビューが掲載されました。

黄金町落語会 vol.5 で阿川大樹の書き下ろし新作落語「黄金町」初演
   金原亭馬吉x阿川大樹 のトークライブつき (2011/7/10)
headerLogo.jpg復興書店に参加しています。

■「D列車でいこう」(徳間文庫) 6刷になりました。(2011/4/25)

「第三企画室 returns」(日経ビジネスオンライン)で連載。(2011/4/19-5/17)

■「新刊展望」5月号(日販) 特集・地方を元気にする物語にエッセイを書きました。(2011/4/15)

月刊「文藏」(PHP) 3月号(2011/2/16発売) 

 特集「小説で鉄道気分」に阿川大樹のインタビュー(8ページ)が掲載されました。
■「旅の手帖」(交通新聞社)3月号のローカル線特集 21p に 「D列車でいこう」(徳間文庫)がちょっとだけ取り上げられています。(2011/2/10)

■季刊「kotoba」(集英社)2011年冬号94ページに、
 阿川大樹の経済についてのコメントが掲載されています。(2010/12/6)

■ノンフィクション「ワールドカップは終わらない」(電子書籍版 マイカ刊)が、Sony Reader Store で販売開始 (2010/12/10)

■文教堂9月ー11月開催の「ガンバレル本フェア」で、「D列車でいこう」が売り上げ第1位になりました。(2010/12/9)

■2010/11/21 神奈川新聞日曜版に阿川大樹がでっかく登場!
  「かながわ 鉄道遠足」というコーナー.。

■文教堂 ブックストア談 浜松町店 で 2010/9/26 - 10/2 「D列車でいこう」(徳間文庫) 文庫部門売り上げ 週間第9位 にランクインしました。
■連載小説「第三企画室、出動す」(日経ビジネスオンライン)
 第64話で最終回になりました。(2010/7/27)

■「D列車でいこう」(徳間文庫) 発売。 (2010/7/2)
  早くも重版(2刷)がきまりました。 (7/9)
  3刷が決まりました。(7/26)
  4刷が決まりました。(8/13)

■2010/6/7 六本木ヒルズでの講演の記事が こちら に掲載されています。
  「電子書籍時代の小説家とそのビジネスモデル」
■「週刊ダイヤモンド」(2009/9/26号)の読書特集で経済小説の第3位に「D列車でいこう」(徳間書店)が掲載されました。
■東京工芸大学(厚木)公開講座で講義をしました。(2009/11/28) 

■『フェイク・ゲーム』著者略歴の誤記について、こちらにお知らせがあります。(5/23)

■「問題小説」(徳間書店)  2008年2月号
   巻頭カラーグラビアに阿川大樹 登場。
   短編「ショウルームの女」(50枚)も掲載。

■「本の雑誌」8月号の特集「2007上半期ベスト1」において、
『D列車でいこう』が エンターテインメント・ベスト10 にランキングされました。

その他、メディアに取り上げられた阿川大樹については、メディア情報をご覧ください。

■最新情報は 日記 で。  (携帯対応 も)

ワールドカップは終わらない!! こちらで電子書籍版 をどうぞ。

メールが届かない場合があります、こちらをお読みください。
原稿執筆依頼などについては、こちら からメールで承っております。xexe&_懀ā&_懀u|