2018年10月05日

『終電の神様 始発のアフターファイブ』再重版

『終電の神様 始発のアフターファイブ』発売2日目で3刷が決まった。

 続編単独で10万部到達。前作は10万部刷るまでに6カ月かかった。まだ、発売2日目なので実売はずっとずっと少ないはずだけど、書店の引き合いが強くて在庫がなくなりそうだそうです。
 現在、まだ、ほとんどが書店店頭に積まれているだけだから、流通在庫がたんまり戻ってくるかもしれないのに、実業之日本社の販売部、超超強気です。知らんぞ。
(著者は刷り部数で印税もらえるからいいけどさ)
 在庫の山を、自転車で日本一周しながら道の駅で売ったり、団地を回って「会社が潰れて給料の代わりにこんなに本をもらったのでお願いですから買ってください」と泣き落としをしたり、人生こんなはずじゃなかったと壁に向かって嘆くことのないように願いたい。
 「のきさきアートフェア」出店の、阿川大樹直売書店屋台部黄金町バザール店は、手売りで10冊売るのが目標。著者購入は委託ではなく買い取りなので、売れ残ると僕が自転車で旅に出なくてはなりません。(笑)
 町が展示場になっている現代アートの国際美術展「黄金町バザール2018」をご覧になるついでに、みなさま、ぜひお越しください。
 販売予定のサイン本は
 『横浜黄金町パフィー通り』(徳間書店)
 『終電の神様』(実業之日本社文庫)
 『終電の神様 始発のアフターファイブ』(実業之日本社文庫)
 『あなたの声に応えたい』(小学館文庫)
 など、それぞれ定価販売となります。
 書店でお買い求めの本も、ってきてくださればサインします。

2018年10月04日

『終電の神様 始発のアフターファイブ』発売

【ラッキーアイテム】

 縁起を担ぐことにした。
 ずっと極端に収入が少なかったから、本が売れて助かっている。しかし、売れることばかり考えているのではしょうがないので、今日発売の本がなるべくたくさん売れてくれて、その後はあまりそういいうことを考えないで、老後の心配もそこそこに、粛々と小説に向き合いたいと思う。
 というわけで、『終電の神様 始発のアフターファイブ』がうんと売れてくれるように、自分の力の及ばぬものに託すということをやってみる。
(そもそも本が売れるか売れないかは、誰のコントロールの下にもないので、すべて天命であるといってもいい)

 シチズンは運を呼ぶ……ような気がした。

 大坂なおみがシチズンのブランドアンバサダーになった直後、全米オープンに優勝。彼女が口にしていたとおり、大坂にとってラッキーアイテムになり、シチズンもまた、グランドスラム優勝で契約金が跳ね上がる前に契約できた。どっちもラッキーだ。
 というわけで、大坂なおみが着用しているものと類似モデルを買った。数日前、通勤途上、気に入って使っていたセイコーの時計のブレスレットのピンが抜けて、自転車で走っている途中で落ちる、という縁起の悪い(?)ことがあったので、厄落としみたいなものでもある。

 Bluetooth で iPhone つながってメッセージが来たのを知らせてくれたりするような、そういうアナログ時計。
 時計をいろいろ持っていると、電池の必要な時計は面倒見ていられないので、新しく買うのは、手で巻ける機械時計か、光で充電されて動くソーラーかのどちらかしか買わないことに決めている。

2018年10月03日

MISAKI STAYLE

 3月に一ヶ月三浦にトライアルステイをしたときにお世話になった、移住サポート&まちづくりのチーム MISAKI STAYLE のメンバーのみなさんを、黄金町バザールにご案内しました。
 日本中の例に漏れず、三崎/三浦にも空き家がたくさんあります。
 そこを活用できるアイデアなどを共有でき、アーティストの活動場所も開拓できるのではないかと考えています。
 いろいろなチャンスが!

2018年10月02日

UMAMI Burger

ずっと昔、バーガーキングで、そのあと、うどん屋になったり居酒屋になったりしていた場所に「UMAMI Burger」という店ができた。
いちばん安いハンバーガーが1350円という、最近増えてきている高級ハンバーガー店だ。
コーヒーが450円。税金を足すと、ハンバーガーとコーヒーで2000円でほんの少しおつりが来る。
味は悪くない。でも、焦がしたオニオンとか椎茸とかを使って「独自の美味しさ」を出そうとしていて、僕が「ハンバーガー」に求める味から離れてしまっている。ハンバーガーという食べ物に期待する味ではないのだ。
残念だけど、たぶん、続かないだろう。バーガーキング、良かったのにな。

シャルル・アズナブール、逝く。
 僕が生まれて初めて買ったフランス語のレコードがこれでした。中学生の頃、ラジオで聞いてどうしても欲しくなった。
 父親の持っていた辞書を借りて、歌詞を訳してみようと思ったけど、英語すら勉強し始めたばかりの中学生にはとうてい無理だった。
 中学で放送委員だったときに、昼休みの放送で全校に流したことがある。
 他に放送したのは、そう、Wilma Goich の "In un fiore"(イタリア語の歌:邦題「花のささやき」)とか。

2018年10月01日

神楽坂

神楽坂で友人夫妻と会食。
飲み放題のワインがものすごく上質でびっくり。これはお買い得。
料理も美味しかった。大満足。

台風24号

未明にかけて台風24号通過。

気圧の変化
983hPa at 1140
981hPa at 0110
980hPa at 0135
979hPa at 0145
978hPa at 0200
980hPa at 0215
981hPa at 0220
982hPa at 0240
@横浜市西区。海抜約22m 気圧の高度補正なし。

2018年09月30日

980円のラーメン

 700円以上するラーメンは基本的に食べない、という原則を曲げて、980円もするラーメンを食べてしまいました。
 たしかに美味しかったけど、ラーメンに980円も払うという贅沢は、ちょっと自分の身の丈に合わない感じで、いまひとつ心が晴れない。
 僕がラーメンに求めるのは「そこ」じゃないんだよね。
 ランドマークタワーの1階の「阿夫利」というお店。
 小さい子供を3人連れて食べていたお父さんがいて、なんて裕福な家庭なんだと思った。

2018年09月28日

好天のツーリング

午前10時、眼科。
点眼薬が変わる。依然として合計3種類なので面倒。

やたらと天気がいい。
東京湾アクアラインであまり風が吹いていないようなので、千葉方面へオートバイでツーリングに出ることにする。
午後6時から、帝国ホテルで美味しいものがタダで食べられるパーティ(江戸川乱歩賞贈賞式)があるのだけど、それよりもバイクで走る方を選びたい。
というわけで、房総半島最南端の野島崎を目指す。
そこから、房総フラワーラインで、千倉、鴨川、天津と海沿いを辿り、内陸へ入って養老渓谷を走り、久留里から木更津へもどり、またアクアラインで横浜へもどる。
250kmほどのツーリングになった。
乱歩賞のパーティとダブルブッキングになっていた黄金町のイベントも、もちろん、参加せず。
千葉はほとんど信号がないので走るのが楽しい。

帰宅後、夕食前にニトリへ行って、食堂のシーリングライトを購入。
いままで使っていた IKEA のライトがあまり具合が良くないので、交換することにした。

2018年09月27日

伊勢佐木町の古書店にて

 雨でテニスは中止。

 体調優先で、町の月例パトロールは欠席にして、スポーツクラブへ。
「骨盤リセット」というプログラムに初めて参加。
 効果あり。
 以前にピラティスを教えてもらった美人インストラクターだ。わーい。

 午後5時、定例のアーティスト会議。

 伊勢佐木町の古書店で、我が子を見かけたので買い求めた。
『D列車でいこう』は文庫初版。(現在11刷)
『終電の神様』は8刷。(現在29刷)

「D列車でいこう」には、福岡市中央区のKBCシネマのレシートが挟まっていた。どうやら、前の持ち主は、2010年福岡で映画「コロンブス」を1000円で観たようだ。
 また、挟まっていた栞から察するに、福岡の黒木書店で買われたものらしい。
 人の手を経た本には物語がある。

2018年09月26日

プライベートツアー

 午後3時過ぎ、フォトグラファーの友人が黄金町へ来訪。
 黄金町バザール2018を案内する。

 10時過ぎ、帰宅。
 原村から届いた野菜の料理。おいしかった。

 寝る前にコラムの校正をFAX。

2018年09月25日

『終電の神様 始発のアフターファイブ』打ち上げ

 長野県原村の友人の実家から野菜が一箱届く。
 
 夕方、実業之日本社の会議室で、見本と出来上がっている宣材と、出版契約書を受け取りました。
 大量のサイン本をつくったあとは、この物語の舞台である、新宿歌舞伎町へ。
 イラストレーターの中村至宏さん、装幀デザインの西村弘美さんも合流して、「高級」焼き肉店で打ち上げ!!


 阿川史上、前代未聞の初版8万部、発売前重版1万部。
 ほんとにそんなに刷って大丈夫なのか。倉庫に山と積まれた在庫の夢を見そう。

2018年09月24日

オーディオツアー

フィリピンのアーティスト、エスクリのオーディオツアーに参加。
夜は、アーティストだけのレセプション。

公式siteへはこちら


携帯サイトは下のQRコードから
keitaisite.png







『インバウンド』

インバウンド









『D列車でいこう』

D列車でいこう









『幸福な会社』

幸福な会社









『会社、売ります!』

会社売ります









『フェイク・ゲーム』

フェイク・ゲーム









『覇権の標的』

覇権の標的








バックナンバー