2018年04月04日

健康管理の日

気温24度、暖かい。
今日はあまり仕事をしないで健康のために暮らす日とする。

6Kmほど、半袖半ズボンでウォーキング。
途中、ウィンドウショッピングをしたり。

夜、コラムの校正。

2018年04月03日

もう少しで1200本

コラム、1180本目まで。

2018年04月02日

「もつを象った鍋」でもつ鍋を食べる会

午前9時、内科。(薬を飲んで)コレステロール値正常。
安定しているので、薬を90日分まとめて出してもらうことに。
午前10時半、眼科。
白内障、安定。

昼前、筍とハマグリが大量に届いた。三重県の知人より。
今日、雑誌の締め切りなのに。
しかも、IHが2つのうち1つ壊れているのに。
でも、新鮮なものが届くのはうれしい。
とりあえず、ハマグリの半分を茹でて殻を外して減量。残りは冷凍。
そして、筍を茹で始める。
2バッチ目、タイマーをかけて、出かける。
3バッチ目は妻が帰ってからやってくれるはず。

伊勢佐木町のドトールで仕事。
ちょうどほぼ終わったタイミングで、楊珪宋から彫刻家の山田裕介の家でもつ鍋をやるよという連絡。
楊珪宋は内蔵をモチーフにした陶芸作品をたくさんつくっていて、心臓の形をした土鍋を作ったので、それでもつ鍋をやろうというイベント。
あつまったのは、この3日連続で、ほぼ同じメンバー。

2018年04月01日

遠回り通勤 三浦

天気がよいので、午前8時、家を出てバイクで三浦へ。
朝市には遅く、食堂が開くには早いので、三浦海岸のマクドナルドで朝マック。
とても見晴らしがよくて気持ちがすっきり。
11時過ぎ、紀の代で、地魚すし 1980円。美味しい。美しい。
昼過ぎ、自覚に戻り、シャワーを浴びて黄金町の仕事場へ。

夜、大岡川沿いに家を借りた、アーティストさくらアリス本村邸のお披露目をかねた花見。
桜は見飽きていたけど、サクラの家の前の桜の木の下での仲間たちと飲む酒はうまかった。
昨日とほぼ同じメンバーだけどね。(笑)

2018年03月31日

都橋

黄金町の仲間、陶芸作家の楊珪宋が都橋商店街の店でイベントをやるというので、午後9時過ぎに行った。
アーティスト仲間が数人集まっていて、そこから焼き鳥屋に流れて飲み会。

2018年03月30日

プチ同窓会

明日でおしまいの BankArtNYK 。
文化庁の助成金で留学した人たちの「芸術家の家」という展示の中で、声楽家のライブがあった。
たっぷり2時間、久々にクラシックの声楽を楽しむ。
そこにゲストとして呼ばれたソプラノ歌手が、僕が最後の会社員をしていた会社の同僚。その旦那も同僚で、ベンチャーを上場させたIT長者でいまはまさに悠々自適。(納税額がベストセラーだした僕と比べて2桁多い!!)
終了後、プチ同窓会モードで馬車道のイタリアンで美味しいものを食べながらゆっくり話をしてました。
昔の仲間が、それぞれの場所で生き生きしているのはほんとにいいね。幸せを分けてもらった感じ。

2018年03月29日

親子の会食

北京からニューヨークに転勤になる弟が2日間だけ日本に帰国するというので母と3人で会食。
親子が揃うのは何年ぶりだろう。
そごう横浜店10階「竹葉亭」にて。

その足で、黄金町へ。

税金の還付金が振り込まれた。

2018年03月26日

日誌送付

 午前9時、内科で採血。
 11時から眼科の予約もしてあったが、3時間しかねていないため目の状態が悪いのが分かっているのでキャンセル。
(定期検査なので、安定した状態をみないと特別な日のデータをとっても役に立たない)

 三浦トライアルステイの日誌を送付。
 行ったり来たりでどれだけいたのか自分で分かっていなかったけど、1時間でも滞在していた日を1日とカウントすると、30日のうち、21日間滞在していたようです。
 とりあえず、これからも時々、食べたり飲んだりしに行こうと思ってます。
 三崎港はもう何年もヨットで行っていない(そもそもヨットで遠出をしていない)ので、夏頃には海からも行けるといいな。
 しかし、昨日から、鼻炎なーり。

2018年03月25日

地球市民賞

早起きしたので、睡眠時間4時間。
午前中、「初黄日トーク」。
町で活動している団体のプレゼンテーション。

9年間レジデンスしている黄金町の「黄金町エリアマネジメントセンター」が、国際交流基金地球市民賞を受賞しました。
今日は、そのお披露目会。

2018年03月22日

テニス

暖かい。
テニスコートに着いたときは、まだ寒いと思ったが、始めて間もなく陽が照って気温も上昇。
久しぶりに運動で汗を掻いた。

2018年03月21日

牧島ヒロミツ写真展

神楽坂で牧島ヒロミツ写真展「 with brilliant light 」。
午前中、雪が降ったのと休日が重なって電車はガラガラ。

牧島さんは仕事は写真家というよりカメラマン。
写真で仕事をしているけど、写真を撮るために世界を旅するのは「趣味の写真」のため。
それがとても魅力的なものになっている。
テーマや問題意識をもって強く訴える、というところがなくて、ふつうに町で見かけた、面白いこと、へんなもの、きれいなおねーさん、みたいなのを一般人そのものの視線でカメラに収めている。
おねーさんを見つけると、構図があまくなっても、なるべく魅力を感じた全部を一枚のフレームに入れる。写真を見る人(僕)がズーミングやトリミングをして、頭の中で気に入った絵にできる。
だから、展示会場がゆるくてのんびりできて楽しい。
写真の並べ方も「3枚か4枚ごとに女性の写真があった方が楽しいでしょ」(本人談)という並べ方で、統一性とか主張とかがまるでない。
主張とか自我を伝える、のではなく、僕が見つけた面白いものを見てよ、という、共感型というかエンターテインメント型というか。
ふだん、現代美術を見ることが多いけど、こういう展示を見ると「つかれなくていいなあ」と思ったりする。
というわけで、湯飲み茶碗でサッポロビールをいただきながら、写真談義をしてきました。

握力計

握力計、買いました。
頚椎椎間板ヘルニアで、左手に麻痺が残って、握力が右手の半分になってる。あと5Kg減ると、身障者7級で手帳がもらえるけど、握力がないとヨットで落水しやすくなるので、命に関わる。
数字になるとリハビリのモチベーション上がるからね。
Amazonでなんでも売ってる時代。

公式siteへはこちら


携帯サイトは下のQRコードから
keitaisite.png







『インバウンド』

インバウンド









『D列車でいこう』

D列車でいこう









『幸福な会社』

幸福な会社









『会社、売ります!』

会社売ります









『フェイク・ゲーム』

フェイク・ゲーム









『覇権の標的』

覇権の標的








バックナンバー