Diary

ベースの弦を替える

少し痛みが弱くなったので、様子見に歩いてみる。
スポーツオーソリティでテニス用のズボンを購入。

そのまま徒歩で、黄金町まで(2.5Km)歩くことができた。

エッセイの原稿を書いて送る。

フェンダー・ジャスベースの弦を替える。
10年以上買えていなかったと思う。
ネックの調整も。
どうやらいままでは太すぎる弦を張っていたらしく、画期的に弾きやすくなった。

帰りは足がだめ。

町立湯河原美術館

午前五時頃に目が覚めてだらだら。
午前七時過ぎ、朝風呂。
午前八時過ぎ、朝食。
あじの干物他、典型的な旅館の朝食だが、塩分とカリウムを控えている妻は、ほとんど食べられる物がない。

午前十時チェックアウト。
旅館の駐車場の隣が町立湯河原美術館なので、開館と同時に入館。
ここは、事実上の平松礼二美術館。
いい絵がたくさんあった。

和菓子屋さんに寄り、TIVORI というスイーツ屋に寄り、「たかはし」というそば屋で昼食を済ませて、2時間ほどで横浜にもどる。

すっかり、体内時計も正常化した。

足の調子を見るために散歩。

遠くへ行くと戻れなくなったときに困るので Mark Is の各階をぐるぐる巡る。
わりと調子がいい。

湯河原へ

箱根は雪が降っている。
湯河原へ車で行くかどうか、途中の道のようすをライブカメラなどを駆使して調査する。
椎間板ヘルニアが悪化していて歩くのが辛い状態。積もっていなければ車で行く。
天気は回復する方向なので、調査の結果、出発時、横浜も雪模様だったが、自動車で行くことにする。
無事、湯河原の保養施設に到着。

途中のセブンイレブンで買ったビールと蟹蒲鉾で妻と乾杯。
大浴場で温泉につかり、午後六時、食堂で会席料理と刺身盛り合わせ追加。
十分に美味しかったが、保養施設で安い旅館なので、食器が残念なのはしかたがない。
午後八時に、バタンキューと寝てしまった。

韓国映画「パラサイト」

午前10時15分からのMRI。
22分前に受付をしろというので、25分前に行ったら、さっさと進んで10時15分には検査も終わっていた。

病院が早く終わったので、近くの Kino Cinema で、韓国映画「パラサイト」を見た。
いい映画だ。「天国と地獄」のようであり「万引き家族」のよう。
貧しい家の娘は田中裕子みたいだった。ソン・ガンホは照喜名薫に似ている。裕福な家の奥さん、とても気に入りました。 (笑)
韓国の若者のソフトジャケットの着方も印象的。

午後、黄金町へ出勤。
18時から新しい展示のレセプションがあったのでのぞいたが、椎間板ヘルニアの調子が悪く、立っているのも辛いので、早々に退散。
20時からのパフォーマンスを見に行ったが、町を移動しながらのもので、歩けないので途中で離脱。

温泉で少し良くなるといいなあ。

テニスと給油

睡眠時間短いまま早く目が覚めてしまうが、ベッドの中で十分過ごさないと肉体の消耗がもどらず腰も痛む。

どうも腰の按配がよろしくない。
従来、テニスをすると良くなるので、今日も木曜のテニスへ。
二人きりだったので、1時間打ち合いをしてあとの1時間はシングルスの試合16ゲーム。
原稿追い込みで歩きもしなくなっていたので筋力も弱っている。

帰り、バイクの給油。
Enekey のいなってから量が少なくても気楽に給油できる。
仕事場往復とテニスコート往復だけなので、燃費は16.9Km/Lと悪い。
(いいときは1Lで30Kmくらい走る)

脱稿翌日

午前零時過ぎに起床。
9時間ベッドにいた。
今日からは「早起きモード」の開始だ。
ちょっと早すぎる感じはする。(笑)

前日、作っただけで飲んでいなかったスープで朝(?)食。

長編脱稿を知ったその次の予定の短編集の編集者からさっそくプッシュのメール。
ありがたいことです。
はい、がんばります。
後ろにさらに2社、お待ちいただいております。仕事が遅くてすみません。

結局、なんどなく仕事場に出て来て、ギターのネックの調整と弦の交換をしたり。

とりあえず昨日脱稿したのでOSのアップデートでもしようと思ったのだけど、Catalina が評判悪いので、High Sierra のままにしておく。

ところでみんな、遺伝子の意味でDNAというのやめないか?
遺伝子はDNAだが、DNAは遺伝子とは限らないデオキシリボ核酸だ。遺伝子は遺伝子といえばいいじゃないか。なんでそこでDNAというのだ。

脱稿

前夜10時から執筆開始。
まもなく、小説性下痢。
血液が脳に集中し、消化器が働かない状態。
いいテンションが出ている証拠。

快調に執筆。
夜半から、最後の数枚を書く前に、プリントアウトを読み直す作業。
正午過ぎ、長編第一稿、ついに脱稿。
終わったと思った瞬間力が抜けていく。

伊勢佐木町の「和来」で一人昼飲み。
その時は気づかなかったけど、店員さん、間違えて1000円少なく請求していたみたい。
疲労困憊で注意力散漫の状態なので、そのままタクシーで帰宅。

完全昼夜逆転中

午前9時過ぎに帰宅して、家に帰ってのんびりしていたら、なんとなく時間が過ぎて、午後三時過ぎに就寝。
のんびりすることで、心の休息にはなっている。心がそれを求めているのだろう。

夜中になってから、黄金町へ出勤。

ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

4時間は睡眠が取れるところ、ど真ん中に電話で起こされて二度寝。

午後三時の打合せに15分遅刻。
次の次の本の打ち合わせ。

終了後、脳味噌の休息のため、横浜美術館。
「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」
やっぱりエコール・ド・パリの周辺ではアンリ・ルソーが好きだと再確認。

途中で睡眠不足のため頭痛がし始めたので、帰宅して仮眠。
仕事場へ出たのは午前零時を回っていた、
翌朝まで、順調に執筆。

テニス

このところ、わりと運よく天候に恵まれるテニスの日。

テニスは前傾姿勢なのでできるのだけど、ふつうに背筋を伸ばして歩くと足が痺れて痛い。
テニスをすると、少し良くなることが多いのだが。
しばらく腰が悪くて、仕事も忙しく、歩いてもいないので、筋力が衰えていて、筋肉痛で痛いのか、神経痛で痛いのかがよくわからない。(笑)