2017年05月03日

石垣島

午前 時、石垣島沖に船はアンカリング。
そこからテンダーで離島ターミナルの岸壁まで。
ターミナルからフェリーで西表島へ。
西表島の大原に着くと、そこからは仲間川を遡上するマングローブクルーズの船に乗り換える。
6キロ遡った桟橋へ近づいたところで、突然スコール。しかし、運よく雨が弱まったタイミングで樹齢400年ダカの木を見に行って、すぐに戻るとまた雨足が強まる。が、しかし、また上がる。
雨に降られるのも、南国を体験する感じで、むしろ楽しい。
河口近くの桟橋から上陸すると、大型バスが待っていて、そこから 島へ。
島は浅瀬を越えて目の前。そこまでは水牛が引く車で。
距離は400m程で、数分なのだが、数台の水牛車が一斉に渡る。
途中で排泄する水牛が足を止めると追い越し追い越され。これが意外に楽しい。
御者が三線片手に歌を唄ってくれて、観光気分満点。(笑)
島は植物園になっていて、順路を行くと、水牛と一緒に強制的に写真を撮らされて、すぐ先でそれを販売しているのだが、もちろん買わずに通り過ぎる。
その先にレストランがあり、そこで八重山そばを食べる。午後4時前になってやっと昼食だ。
まもなく、食べ物は売り切れていた。戻る頃には土産物も閉まっていたり。買う気のある人が買えない仕組み。なんて商売が下手なのだろう。
帰りも水牛に引かれて西表島に戻る。
そこから再びバスで大原のターミナルへ。
大原のターミナルから、またフェリーで石垣島へもどる。
Celebrity Millennium へ戻るテンダーに乗る前に、タクシーに5分乗って、商店街をのぞいてみる。
公設市場を中心にした商業地区だけど、都会化されておしゃれになってしまって、これ、観光客が期待する物とは違うのではないだろうか。
日本中が原宿竹下通りになろうとしている。
で、その原宿竹下通りには、都会の人はあまり行かないわけで、田舎の人が考える「都会の人の好きな場所」は、実は都会の人は好きではないのであった。
テンダーのところまで、帰りは徒歩。

本日乗った乗り物は、大型客船、テンダー、フェリー、マングローブクルーズ船、大型バス、水牛車、水牛車、バス、フェリー、タクシー、テンダー、大型客船。都合、7種類で15レグ。

夕食で、一緒になった人は、クルーズ50回の40代夫婦、クルーズ好きのイタリア旅行50回の30代後半女性二人組。みんな、カリブ海や地中海もクルーズしている。
クルーズ客船には、レピーターがすごく多く、初めてのクルーズだという人はあまりいない。
わが家もそうだけど、クルーズはチェックインしさえすれば、そこがリゾートで、食事もエンターテインメントも揃っていて移動の手間もかからないので、本当にリラックスできるし、他の旅行はめんどくさくて行く気がなくなる。
特に、わが家の場合、家から横浜大桟橋までタクシーで10分なので、家から10分のところにリゾートの方がやって来て受け入れてくれる感じ。

2017年05月02日

フォーマルナイト

終日航海。
石垣島や台北の現地案内があったり。
今日も、原稿を書くが、午前中から昼過ぎにかけては眠い。夜型だったので時差ボケかな。

夜は、ドレスコードが「フォーマル」。
タキシードでレストランへ。
テーブルで一緒になった年配の夫婦は、客船クルーズ20回なのだと。
旦那さんの方は、1950年代にフルブライトの留学生として、アメリカに渡ったのが最初とのこと。
同じテーブルのもう一組の夫人がウェイターに紅茶をかけられるというハプニング。
旅にはハプニングがつきものだが、それが旅を台無しにするようないやな思い出にならなければいいけど。

2017年05月01日

高知

午前6時半、プールデッキでラジオ体操。
日本人なら誰でも、同じ体操ができるという事実に改めて驚く。

営業していないコスモスラウンジで、コラムを2本書く。

午後1時半、予定よりも早く、高知新港へ入港。
Celebrity Millennium は巨大船なので、離れた岸壁に着く。
そこから高知の市内へ出るシャトルバスを高知県が提供しているのだが、隣の岸壁に停泊している Diamond Princess と両方で、8台のバスしか用意していないため、ゆっくり目に出て行ったのにもかかわらず、長い列に並んで出発まで1時間待ち。
やっとバスが着いて、高知市中心部のはりまや橋近くに着く。
はりまや橋にいると、高知放送のラジオにつかまり、午後4時過ぎ、「豪華客船で来ている観光客」として出演。オンエア。
高知新聞では「きょうの言葉」というコラムの連載もしているので、宣伝もしておいた。
帰りのバスも、30分ほど行列してやっと乗れた。

無料でシャトルサービスを提供するのはいいけれど、やる以上、十分な量のサービスを提供しないと顧客は不満を抱き、高知の旅の印象がネガティブなものになってしまう。
うちは、次に客船で高知に来るようなことがあっても、次からは降りないで船上で過ごす。

午後7時、高知へ向けて出港。

2017年04月30日

Celebrity Millennium

午後2時過ぎ、客船 Celebrity Millennium にチェックイン。
とりあえず、船内で遅い昼食。
午後5時、客船 Celebrity Millennium 、横浜大桟橋を出港。
高知へ向かう。

夕食のテーブルは6人。
客船クルーズ20回という年配夫婦、クルーズは初めてという40代後半くらいの夫婦。

2017年04月29日

旅行の準備

Bukatsudo で、原稿書き。
後、翌朝まで旅行の出発のための準備。

2017年04月28日

小説の日

終日、小説の執筆。

2017年04月27日

テニスのち取材

14時半から16時半まで、駒沢公園でテニス。
オートバイで帰宅して、午後8時に黄金町の仕事場へ出勤。

終電で新宿へ出て、始発まで町のようすを巣材。

2017年04月24日

コレステロール

血液検査の結果を聞きに内科へ。
やはりクレストールを服用していないとコレステロールが高くなる。
とうわけで、薬の服用を再開する。

夕方は、月末で終わりになる「試聴室その2」で三輪二郎のライブ。

終了後、執筆に戻る

2017年04月23日

ヨット

ただただヨット日和だった。

2017年04月20日

『終電の神様』 6刷へ

 昨日、取材に出ている間に編集さんからのメールを見落としていて、さっき気がついた。
『終電の神様』の6刷が決まりました。
 どの本もこのくらい売れてくれると、小説だけで食べていけるのですがねえ。
 そこへ向けて,ひきつづき精進いたします。

2017年04月19日

ランチミーティング

日本大通りのレストランで、某大阪大学名誉教授とランチミーティング。

 終了後、あまりに気持ちがよい天気なので、周辺をちょっと散歩。
 この先の予定を考えながら、大月方面の取材を本日決行することに決め、一路、大月へ。

2017年04月18日

エッセイ

今日のノルマは、エッセイ1本と、コラム810本目までの校正。

公式siteへはこちら


携帯サイトは下のQRコードから
keitaisite.png







『インバウンド』

インバウンド









『D列車でいこう』

D列車でいこう









『幸福な会社』

幸福な会社









『会社、売ります!』

会社売ります









『フェイク・ゲーム』

フェイク・ゲーム









『覇権の標的』

覇権の標的








バックナンバー